日本で唯一の耐火物に関する公的研究機関、耐火物・高温セラミックスの研究を中心、 産学官連携共同研究、依頼分析、施設・機器開放、技術交流、人材育成、情報提供

運営:一般財団法人岡山セラミックス技術振興財団
〒705-0021 岡山県備前市西片上1406-18

研究テーマ

耐火物やセラミックスに関する研究開発及び委託開発を行います。

耐火物などの高温材料に関する研究開発を行っています。主テーマとして新規原料、組織制御技術、複合材料特性、高温反応解析、新規評価技術などの研究開発を推進するとともに、企業や公的機関等からの委託研究にも取り組んでいます。

研究テーマ

自主研究

1 超高速加熱技術による耐火物と銑・鋼・滓との接触角測定技術開発

耐火物の耐食性を評価する上で、耐火物と銑・鋼・滓との接触角の値は非常に重要な物性値になるが、現在、これに関するデータベースがない。そこで、調査研究した結果、約1分間で1000℃以上に加熱できる超高速加熱技術を見出すことができた。このシーズ技術を核にした、超高速加熱―接触角測定装置を当財団に設置し、実験方法の確立、接触角データベースの構築を図っていく。

2 一軸拘束下における熱応力挙動の調査

当財団提供の「耐火材料特性データベース」は、耐火物の熱応力検討などに役立っている。しかし、窯炉構造物としてみた耐火物、すなわち、荷重と熱が負荷された状態で使用される耐火物の物理機械的特性のデータベースは不十分である。このような観点から一軸拘束下熱応力挙動を研究し、得られる知見の意味、重要性を明らかにし、拘束下熱応力測定の有用性、認知度を高める。さらに、数値解析と併せた熱応力挙動解析システムを構築し、新たな測定分析項目として産業界の利用に供する。

3 新規合成化合物に用いるリサイクル原料の調査研究
 昨年度までの研究で得られたAl4SiC4などの新規合成原料を利用する上での課題は、収率向上と安定品質に加え、製造コスト抑制である。製造コスト抑制で注目できるのはリサイクル原料の活用である。例えば、AGれんが、AZS電鋳れんがなどの特殊用途向けに高純度原料を使用した未使用リサイクル品をリサイクル原料とすることである。そのために、当該リサイクル品の流通、コスト、取扱量などの情報収集を図っていく。

受託研究

1 各種還元性雰囲気ガス下での耐食性評価技術
助成金研究/耐火物技術協会
 COガス雰囲気下での耐火物の課題はカーボンデポジットである。耐火物原料中の不純物として存在するFe2O3や、これら耐火物原料を粉砕する際に使用されているメディアから磨耗により生成したFeを含有することで、これらのFe源が触媒作用を起こし600℃以上でCOガスを還元し、カーボンとなり耐火物にデポジットし、耐火物を崩壊させていくことが課題とされる。本研究では、より正確にCOガスと耐火物の耐食性を評価できる技術を確立していき、試験方法のJIS成案化、輸入耐火物にはない耐カーボンデポジット性を有する新たな国産のAl2O3-SiO2系耐火物の創出に結びつけていく。
1 高機能耐火材料の研究開発  特別電源所在県科学技術振興事業/文部科学省

Al-Si-C系化合物の合成において、気相反応も重要な合成因子であることを考慮したうえで、経済合理性の観点から、県産樹皮からの樹皮炭のみならず、県産木質原料、更には比較のため海外木質材料も含めた前処理条件と反応合成温度の更なる低温化を検証し、併せて得られたAl-Si-C系化合物の特長を定量化する。
 また、炭素含有耐火物において木質系炭素を置換した場合、金属の炭化過程に及ぼす影響、それに伴う組織変化の定量化などを調査していくと同時に、木質系炭素の高気孔率に着目した材料の低熱伝導率化を定量的に評価し、新規高機能材料の可能性を検討する。

2 企業からの受託研究
 激しさを増す国際競争に即応できる技術開発が企業から求められる中、このニーズに直接応える受託研究は、重要な研究活動と位置付けている。近年、受託研究業務を積極的に実施しており、より一層の内容充実と高度化を図って顧客満足度を高め、産業振興に深く貢献していく。

ページ上に戻る