日本で唯一の耐火物に関する公的研究機関、耐火物・高温セラミックスの研究を中心、 産学官連携共同研究、依頼分析、施設・機器開放、技術交流、人材育成、情報提供

運営:一般財団法人岡山セラミックス技術振興財団
〒705-0021 岡山県備前市西片上1406-18

研究テーマ

耐火物やセラミックスに関する研究開発及び委託開発を行います。

耐火物などの高温材料に関する研究開発を行っています。主テーマとして新規原料、組織制御技術、複合材料特性、高温反応解析、新規評価技術などの研究開発を推進するとともに、企業や公的機関等からの委託研究にも取り組んでいます。

研究テーマ

自主研究

1 耐火物用合成原料の開発

新興国の技術的な追い上げや資源囲い込み政策に対して、我が国の優れた技術競争力を将来にわたって維持し続けるには、高機能で安定的に入手可能な合成原料の開発が必要である。これまで取り組んできた複合炭化物などの新規合成原料について、その特徴を明らかにする研究を進めるとともに、天然黒鉛にかわりうる炭素原料の使用技術についても検討を重ね、新たな耐火物原料としての可能性を追求する。

2 次世代技術の探索研究会

企業の保有技術とOCCの知見を融合した新商品の開発を目指し、成果を形にできるよう基盤技術を確立する。また、歴史研究会での調査研究は、不足データの補完や取り纏めを行い、外部へ情報発信することで備前地域の振興に寄与する。
<実施プログラム>
複合炭化物の合成と応用研究会・・・・・・・・・Al4SiC4などの用途探索
ゼロ・グラファイト化へのチャレンジ研究会・・・MgO-CなどのC量を低減し高機能化する技術開発
耐火物歴史研究会・・・・・・・・・・・・・・・耐火物などの歴史知見に対する調査研究

受託研究

1 高機能耐火材料の研究開発  特別電源所在県科学技術振興事業/文部科学省

先行研究のAl4SiC4は、強度向上や緻密化作用といった効果が期待でき、高温耐火材料として有用である。このAl-Si-C系材料に関して、大規模合成条件の検討、材料設計技術の開発を進めていく。また、Al-Si-C系以外の材料として期待される、Al3BC3系材料の合成や特性について継続して研究する。
具体的には、合成に係る化学組成や原料種、加熱方法といった合成条件を検討し、最適な組み合わせを明らかにする。得られた合成物について、密度や結晶構造などの基本特性や高温反応挙動を調査し、高機能耐火材料の開発を効率的に進める。

2 企業からの受託研究
 激しさを増す国際競争に即応できる技術開発が企業から求められる中、このニーズに直接応える受託研究は、重要な研究活動と位置付けている。近年、受託研究業務を積極的に実施しており、より一層の内容充実と高度化を図って顧客満足度を高め、産業振興に深く貢献していく。

ページ上に戻る