日本で唯一の耐火物に関する公的研究機関、耐火物・高温セラミックスの研究を中心、 産学官連携共同研究、依頼分析、施設・機器開放、技術交流、人材育成、情報提供

運営:一般財団法人岡山セラミックス技術振興財団
〒705-0021 岡山県備前市西片上1406-18

賛助会員募集
耐火物関連書籍販売
耐火物ってどんなもの?
おかやまセラミックスセンターってどんなところ?
耐火物・セラミックスに関する各種お問合せ/標準物質・書籍のご注文

新着情報 - OCCからのお知らせ

  • 耐火物関連書籍 発刊のお知らせ NEW

     平成28年9月1日に、耐火物関連書籍 『耐火物技術者のための「フラクタル解析」-耐火物の難題にメスを入れる-』 を発刊しました。
    A4版 200頁 2,160円(税込)/冊、送料実費

  • 新規セミナー2件を掲載しました

    ・「ビジネスアイデアの発想法&サーモグラフィ活用セミナー」 平成28年9月30日(金)開催予定です。
    ・「粉粒体評価技術セミナー」 平成28年10月14日(金)開催予定です。

  • 機関誌 セラミックス岡山 最新号発行のお知らせ

    平成28年6月15日にセラミックス岡山の最新号(Vol.24-2)を発行しました。

  • 第2回 無機分析セミナー

    平成28年11月11日(金)13:00~16:55開催予定です。

  • 耐火物技術協会 年次学術講演会で研究成果8件を発表講演

    平成28年4月20日~21日に開催された第29回年次学術講演会で研究成果を発表しました。

  • 第8回、第9回 耐火物の基礎学問研修

    第8回 平成28年5月26日(木)、27日(金) に開催されました。
    第9回 平成28年10月6日(木)、7日(金) 開催予定

  • ファインセラミックス協会賞を受賞

    研究開発や情報交流、人材育成などの活動による地域貢献が認められ、ファインセラミックス協会賞(地域賞)を受賞しました。

  • 日本セラミックス協会中国四国支部 第22回ヤングセラミスト・ミーティングin中四国で成果1件を発表講演

    平成27年11月21日に開催された第22回ヤングセラミスト・ミーティングin中四国で中須加技師が業務成果を発表しました。

  • 耐火物技術協会の専門研究会で研究成果3件を発表講演

    次の各専門研究会で研究成果を発表しました。

     ・平成27年9月25日,第75回原料専門委員会(西川主任研究員)
     ・平成27年10月16日,第14回環境と耐火物研究会(星山主席研究員)
     ・平成27年11月26日,第3回鉄鋼用耐火物専門委員会(尾形研究員)

  • 研究・技術成果報告集(2008〜2014)発行のお知らせ

    2008年から2014年までの当センターの研究成果を取りまとめた報告集を発行しました。お問い合わせはこちら

  • 化学分析標準物質の頒布について

    化学分析標準物質のJRRM200シリーズ(けい石質標準物質)について調製が完了し、平成26年9月1日から頒布を再開しましたのでお知らせします。詳細はこちら

  • 合成化合物のサンプル提供を開始

    耐火物・セラミックス関連メーカーの皆様への技術サービス拡充の一貫として、新規合成化合物のサンプル粉末提供を開始しました。当センターが保有する技術シーズを御社の研究開発にお役立てください。詳細はこちら

  • プライバシーポリシー

    岡山セラミックスセンターにおけるプライバシーポリシーを掲載しました。詳細はこちらから

  • 岡山セラミックス技術振興財団が一般財団法人へ移行

    平成25年4月1日付けで法人移行し、名称を一般財団法人岡山セラミックス技術振興財団(非営利型)に改称しました。

耐火物ってどんなもの?

耐火物とは高温で溶融しにくい無機材料の総称で、各種の酸化物や炭化物、窒化物、炭素などが主成分となっています。高温に耐え、十分な機械的強度を有しつつ急激な温度変化にも耐え、腐食性のガスや溶融物の接触にも耐えるという、一つの極限世界を追求する製品群と言えるでしょう。字句のごとく「高温に耐えるもの」として、鉄鋼、非鉄金属、セメント、ガラス、窯業など、現代文明社会の根幹をなす高温産業をしっかりと支えるとともに、近年では廃棄物の処理施設にも必要不可欠な材料となっており、重要な社会基盤を構成しています。耐火物は私たちの生活を根底で支える、隠れた超重要産業なのです。

ページ上に戻る